TOPへ
戻る
 

タイヤラックにも最適!使いやすいスチールラック

タイヤの保管方法は、その品質と寿命に大きな影響を与えます。適切な保管方法が求められる中、METALSISTEM(メタルシステム)社製のスチールラックは、タイヤラックとして優れた選択肢として注目されています。世界特許を持つ生産技術を駆使したMETALSISTEM社の製品は、安全性、耐久性、そして設置の簡便さを兼ね備えています。

 カテゴリーリスト

01 耐荷重と頑丈さでタイヤ保管に最適

METALSISTEM社のスチールラックは、一段あたり100kgから150kgの耐荷重があります。この強度は、一般的な乗用車のタイヤから、重いSUVやトラックのタイヤまで幅広く対応可能です。タイヤの重さによってラックが変形することなく、長期間にわたって安定して保管することが可能です。タイヤラックとしての使用では、複数のタイヤを積み重ねることが一般的であるため、高い耐荷重は非常に重要です。
スチールラックは、独特のリブ構造を採用しています。この構造は、ラックの各棚板にリブ(補強帯)を設けることで、重量がかかった際の変形を防ぎ、耐久性を高めます。これにより、重いタイヤが長期間保管されても、ラックがたわむことなく、タイヤの形状保持にも寄与します。また、タイヤを積み重ねる際の安全性も向上します。

02組み立てが手軽なスチールラック

メタルシステムのSUPER1-2-3シリーズは、ボルトを使用しない組み立て方式を特長としています。この方式により、ラックの組み立てには、付属の軍手と当て木、そして家庭用のプラスチックハンマーあるいは木槌だけが必要です。ボルトやナットを使わずに部品をしっかりと固定できるので、組み立て作業が非常にシンプルでスピーディーに行えます。
SUPER1-2-3シリーズの組み立ての手軽さは、DIYが得意でない方でも簡単に取り組むことができる最大のメリットです。複雑な工具を使うことなく、誰でも短時間で組み立てを完了できるため、タイヤラックとしての準備が迅速に行えます。これは、タイヤの季節交換や一時的な保管が必要な場合に特に有効です。
タイヤの保管においては、アクセスの容易さとスペースの有効利用が重要です。SUPER1-2-3シリーズは、その組み立ての簡単さに加えて、カスタマイズ性も高く、スペースに合わせて棚の位置を調整したり、追加の棚板を設置したりすることが可能です。これにより、様々なサイズのタイヤを効率的に整理・保管でき、取り出しやすさも向上します。
ボルトレスの設計は、組み立ての際の手軽さだけでなく、長期的な使用においてもメンテナンスの手間を減らします。ボルトやナットがないため、緩みによる安定性の低下を心配する必要がありません。これはタイヤラックとして使用する際に、常に最高の条件でタイヤを保管するために重要です。

03耐久性ありで長持ち

スチールラックは、亜鉛メッキ処理と特殊コーティングが施されているため、錆びにくく、美観を長期間保持することができます。この耐食性は、特に湿度が高い場所や温度変化が激しい環境での使用において重要です。タイヤラックとして使用する際には、これらの条件下でも製品の劣化を最小限に抑えることが求められます。
タイヤ保管の現場では、しばしば湿気が高くなったり、温度が大きく変動することがあります。METALSISTEM社のラックは、亜鉛メッキと特殊コーティングにより、これらの環境変化に強く、錆や腐食のリスクを軽減します。この耐久性は、タイヤが直接ラックに触れることが多いため、タイヤ自体の品質保持にも寄与します。
耐食性と耐久性が高いことは、長期間にわたる使用での経済性にも繋がります。亜鉛メッキ処理と特殊コーティングが施されたラックは、頻繁な交換やメンテナンスが不要で、コストパフォーマンスに優れています。タイヤラックとして多くのタイヤを保管する場合、ラックの耐久性が保管タイヤの安全を保証し、長期的に見ても価値があります。
耐食性と耐久性は、ラックの機能性だけでなく、その外観にも影響を与えます。METALSISTEM社のラックは、時間が経過しても錆びにくく、新品時の美観を長く保つことができます。これはショールームや展示スペースでのタイヤラックとして使用する際にも、環境を損なわずに製品を引き立てる要素となります。

04柔軟な拡張性とカスタマイズ機能

スチールラックは、そのモジュラー設計によって高いカスタマイズ性を誇ります。棚板やフレームの追加が容易にできるため、使用するタイヤのサイズや数に応じてラックを自由に拡張することが可能です。この柔軟性は、さまざまな種類やサイズのタイヤを効率的に整理し、保管するのに非常に便利です。
タイヤの直径や幅に応じて、棚の間隔を調整することが可能です。例えば、大型のSUVやトラック用のタイヤを保管する場合、棚板を取り外したり、より広い間隔で設置することができます。また、季節ごとにタイヤを入れ替える際にも、必要に応じてラックの構成を変更できるため、常に最適な保管環境を維持できます。
メタルシステムのラックは、追加のアクセサリーを取り付けることも可能です。例えば、タイヤの保管に便利なスライド式の仕切りや、タイヤの位置を固定するためのストッパーなど、様々なカスタマイズが行えます。これにより、タイヤが倒れるリスクを最小限に抑え、さらに整理しやすい環境を作ることができます。
ラックのカスタマイズ性により、利用可能なスペースを最大限に活用することができます。例えば、ガレージの角や低い天井の下など、通常は利用が難しいスペースでも、ラックをカスタマイズすることで有効に使うことが可能です。これにより、限られたスペースでも多くのタイヤを効率的に保管することができます。

05豊富なサイズバリエーション

スチールラックは、幅、高さ、奥行の各寸法が広範囲に渡っており、67.7cmから最大187.7cmまでの幅、65.3cmから最大250cmまでの高さ、そして25cmから最大80cmまでの奥行を選択できます。この広い範囲のサイズ展開は、小さな家庭用ガレージから、広大なプロのタイヤショップや倉庫まで、さまざまな空間にフィットする柔軟性を提供します。
家庭での使用では、ガレージの利用可能なスペースに合わせて小さめのラックを選ぶことができ、スペースを有効活用しながらタイヤを整然と保管できます。一方、プロのタイヤショップや自動車関連のビジネスでは、より大きなサイズのラックを選択し、多数のタイヤを効率良く、アクセスしやすく保管することが可能です。また、奥行が選べることにより、タイヤのサイズに応じて最適な保管ができ、スペースを最大限に活用することができます。
ラックのサイズバリエーションは、特に限られたスペースを持つ場所での利用に優れた適応力を発揮します。たとえば、天井の低い場所や、柱や壁によって不規則な形状をしたスペースにも、適切な高さや奥行のラックを配置することができ、無駄なくタイヤを保管できます。この柔軟性は、都市部の狭い店舗や家庭のガレージにも特に有効です。
その多様なサイズ展開により、ユーザーが求める具体的な保管ニーズに対応可能です。各サイズのラックは、設置場所に応じてカスタマイズ可能であり、タイヤの大きさや数、そして保管場所の条件に合わせた最適な解決策を提供します。



まとめ

スチールラックは、タイヤラックとして使用する際にそのカスタマイズの自由度が非常に高く、様々なニーズに対応できることが大きな強みです。利用者が必要とする具体的な要求に応じてラックを拡張・調整できるため、どのようなタイヤ保管のシナリオにも最適な解決策を提供します。

YouTube & SNS